『ファイナルファンタジーVII』の物語を3部構成で表現したコンサートが開催決定!


entry_img_982.png


アイムビレッジは、作曲家・植松伸夫氏を“特別音楽顧問(Executive Music Adviser)”として迎え、プロフェッショナルなゲーム音楽コンサートシリーズ“Game Symphony Japan(ゲーム・シンフォニー・ジャパン、略称:GSJ)”をスタート。第1回コンサートは、『ファイナルファンタジーVII』を取り上げる。

ゲーム内の音楽だけでなく“物語”を重視するのがGSJの最大のポイント。第1回コンサートでは、『ファイナルファンタジーVII』を取り上げます。コンサートのプログラムは『ファイナルファンタジーVII』の“ストーリー”に焦点をあて、オープニングからエンディングまでの物語を、3部構成の音楽で再現します。『片翼の天使』、『エアリスのテーマ』などの名曲はもちろん、フィールド曲や戦闘曲などもプログラムに取り入れ、『ファイナルファンタジーVII』をプレイしたときの感動をステージで表現します。

http://www.famitsu.com/news/201404/16051723.html



関連記事

 ゲーム 音楽 ファイナルファンタジー 植松伸夫

Comment

Add your comment

・管理人認証制です。コメントの反映には時間がかかる場合があります。
・本文に直接URLは書き込めません。"WEBSITE"の欄にご記入下さい。
・"PASSWORD"には好きな英数字を記入してください(必須)。コメントの編集の際に必要です。
・"SECRET"にチェックを入れると管理人にのみ表示されるようになります。
・個人を特定する(できる)ような内容、誹謗中傷、スパムコメントは見つけ次第削除します。

Latest