【FFRK】フルスロットルバトル「【滅+】チャダルヌーク」攻略


_20170117_055711.jpg


☆ パーティ編成

_20170117_055953.jpg・ファリス(デバッファー) 
レコマテ:「美しき海賊の頭領」(物理補助アビの威力UP大)

・ヤ・シュトラ(壁、回復補助、女神状態解除役)
アビリティ:「ダディア」「ウルトラキュアー」
レコマテ:「辣腕な実行委員」(ロッド装備で精神UP大)

・セシル(アタッカー、女神状態解除役)
※聖属性攻撃が出来るアタッカーなら誰でもOK

・ガーネット(バッファー、無敵解除役)
アビリティ:「プロテガ」「フェニックス(炎属性なら何でも)」
レコマテ:「召喚士の血筋」(一定確率で召喚アビリティを2回放つ)

・パンネロ(回復役)
アビリティ:「シェルガ」「ケアルジャ」
レコマテ:「仁愛の姫君」(白魔法の回復量UP大)

・フレンド召喚 ティファ「メテオドライヴ」
(敵単体に10連続の地&無属性物理攻撃、味方全員に反射バリア&ヘイスト&リジェネ(大)付与)


☆ ポイント

フルスロットルバトルでの「【滅+】チャダルヌーク」戦では、パーティ全員のATBゲージがゼロの状態からスタートします。
そのためほぼ確実に壁を張る前に先制されます。
少しでも確実に壁を張るまでに耐えるためにまず、もっとも素早さが高いキャラを隊列の一番上にセットします。(壁役が一番高い場合は壁役)
次にそのキャラの下に壁役のキャラ、その次に聖属性アビリティを持つキャラ、次に炎属性魔法を持つキャラ、最後に回復役、の順にセットします。
最後にコンフィグの設定で「SKIP設定」を隊列順にしておきます。こうすることで行動をスキップした場合、次に行動を選択キャラを下から一番近いキャラにすることができます。

パーティ編成のコツとして、デバッファー1人、壁役1人(いなければアタッカー)、アタッカー1人(聖属性攻撃できると◎)、バッファー1人、回復役1人。スペスコ達成のためこの中に炎属性魔法が使えるキャラを含める。
聖属性攻撃ができるキャラは2人いると安心。ただし悪霊状態ではダメージが通らないので、無属性攻撃もできるキャラが良い。
アクセサリは混乱耐性のものを用意。女神状態に戻るタイミングをしっかり見極めれば睡眠耐性アクセはなくてもOK。
最初の猛攻を耐えればあとは大した攻撃はしてこないので、状態異常対策をしっかりしていれば回復役は一人で事足ります。

☆ 実戦

まず戦闘スピードを5にしておくと楽です。
戦闘に入ると最初に書いたとおり、ATBゲージが全員0の状態でスタートします。
そのため素早さが一番高いキャラ(編成で一番上に置いたキャラ)が一番最初に行動できます。(このパーティの場合ファリス)
一番最初のキャラは行動をスキップします。スキップするとコンフィグ設定どおり隊列で下から一番近いキャラ、ヤ・シュトラに行動が移るのですぐに壁を張ります。
あとは聖属性攻撃役が女神状態解除→炎属性魔法で無敵状態解除→プロシェル・回復・デバフ・バフの順で行動します。
なお、この間の相手の行動パターンは「単体物理攻撃」→「単体物理攻撃×4 or サンダジャ」です。
壁を張り終えるまえに確実に2回目の行動を行ってくるのでサンダジャが来た場合はタスキル。4連続攻撃がバラけてくれることを祈ります。
無事壁を張り終えたら戦闘スピードを2あたりに戻しておきます。

このパーティの例の場合は、
【1ターン目】
ファリス:行動スキップ
ヤ・シュトラ:ストンラスキン
セシル:セイントクロス
ガーネット:フェニックス
パンネロ:シェルガ
ファリス:バースト必殺(デバフ)

【2ターン目以降】
セシル:メテオドライヴ(フレンド召喚)
ガーネット:プロテガ→バースト必殺(バフ)
パンネロ:回復

あとは相手が女神状態になるタイミングをしっかり見極めます。3回行動したあとに女神状態に戻るので、解除役を待機させておきます。
またHPが一定以下になるとデスペルを使ってくるのでタイミングを見てプロシェル役を待機させます(おおよそ目盛1/6以下になったら)
順調にいけば火力不足か運悪く状態異常にかからない限り強力な攻撃はしてこないので3回目の壁が切れるまでに倒しきれると思います。


_20170117_055729.jpg


関連記事

 ゲーム ファイナルファンタジー レコードキーパー

Comment

Add your comment

・管理人認証制です。コメントの反映には時間がかかる場合があります。
・本文に直接URLは書き込めません。"WEBSITE"の欄にご記入下さい。
・"PASSWORD"には好きな英数字を記入してください(必須)。コメントの編集の際に必要です。
・"SECRET"にチェックを入れると管理人にのみ表示されるようになります。
・個人を特定する(できる)ような内容、誹謗中傷、スパムコメントは見つけ次第削除します。

Latest