若木民喜先生読み切り「洋菓子店ギャラクシー」読んでみた。


entry_img_1060.png
※ネタバレあり



「神のみ」の若木民喜先生読み切りの漫画「洋菓子店ギャラクシー」を読んでみました。

読み切り、ということで一話完結なわけですが、一言でいうとこの漫画は
”かわいい女の子とショタがケーキを作るマンガ”です。

ストーリーをかいつまんで言うと、廃業寸前のケーキ屋の一人娘の元に異星人が現れて、
店のケーキに興味を持った異星人と女の子が一緒にケーキを作る、という話です。

途中、ケーキに関する無駄豆知識を挟んだりするあたりが、甘いもの大好き若木先生っぽいです。

ただ、面白おかしいギャグ漫画、というより本当にケーキを作るだけ…という…。
少年誌に載るようなマンガとは思えない、少女漫画のような作品でした。

読み切り、ということで若木先生の好きなようにマンガを描いたんだと思いますが、
この作品にある程度感想、批評が集まらないと次回作につながらないらしいですが、大丈夫なんですかね…。
一応神のみの続編というか後日談みたいなものは考えてあるらしいですが。


関連記事

 神のみぞ知るセカイ マンガ 若木民喜 洋菓子店ギャラクシー

Comment

Add your comment

・管理人認証制です。コメントの反映には時間がかかる場合があります。
・本文に直接URLは書き込めません。"WEBSITE"の欄にご記入下さい。
・"PASSWORD"には好きな英数字を記入してください(必須)。コメントの編集の際に必要です。
・"SECRET"にチェックを入れると管理人にのみ表示されるようになります。
・個人を特定する(できる)ような内容、誹謗中傷、スパムコメントは見つけ次第削除します。

Latest